2005年 05月 24日
Boabs〜バオバブの木〜
サン・テグジュペリの「星の王子さま」に出てくる、バオバブの木。
小さいころから、それは空想の世界の木だと思いこんでいた。
ところが、それは実在する木で、アフリカに行けば会えることがわかって以来、
いつかバオバブを見にアフリカへ行きたいと思っていた。
アフリカへ行かないと、会えないと思っていた。

ところが・・・!
なんとパースの「キングスパーク」で出会えてしまった・・・!
それは昨年の10月、ワイルドフラワーが咲き乱れる公園を散歩していたとき、
サイズは思っていたより小さめだけれど、
それはどこから見ても、私が長年会うことを夢見ていたバオバブの木だった!
「うわ〜っ! バオバブさん!? 会いたかったよ〜!!!な、なんでここにいるのーーー!!!?」
私は一目散にバオバブの木に抱きつき話しかけていた・・・!
(ちなみに周りには誰もいませんでした・・・ホッ!)

d0028676_22165594.jpg

バオバブは、オーストラリア、アフリカ南部、マダガスカルにのみ生息する。
現在確認されているバオバブの固有種は10種。
うち8種類がマダガスカルに集中し、オーストラリアとアフリカにそれぞれ1種づつある。
かつてオーストラリアとアフリカは1つの大陸で、
およそ5万年前にオーストラリアは現在の位置にきたと考えられている。地球ってすごい!

d0028676_22173228.jpg

バオバブは乾燥から身を守る為に,幹に水分をためている。
なんと樹皮の下に豊富な葉緑素を持っていて、樹皮下光合成を行うのだ!!!
幹の下部がボトル上に肥大するので、「ボトル・ツリー」とも呼ばれている。

オーストラリアでバオバブが生えているのは、西オーストラリア州キンバリー地方がほとんど。
アボリジニ(オーストラリアの先住民)の人々は、
バオバブの実を食べる他、枝をかんで水分を取ったり、
枝でロープを作ったり、若木の根を食べるなど、様々に利用してきたそう。

バオバブに初めて会ってから5ヶ月後、
気づいたらまた私はバオバブの木に会いに、ここキングス・パークに来ていた。
前回来た時は、葉っぱは1つもなかったが、
今回は青々とした葉が上の方に沢山茂っていた。
バオバブは乾季には落葉するそうだ。
あと、10cmの白い花を咲かせるとのことなので、
その時にまたバオバブに会いにいきたいな♪

Perth, Australia (March 2005)
[PR]

by nao-photos | 2005-05-24 23:16 | オーストラリア(Australia)


<< 香港の市場      Grilled Sardine >>